iPhone SE(第2世代)の特集記事はこちらです

Mac対応のおすすめ解凍アプリ4選

Macで圧縮や解凍をしたいとき、Macの標準機能ではそれらができないこともあります。そんな時に便利なのが、Macに対応した圧縮・解凍ソフトです。

そこで今回は、Mac対応のおすすめフリー圧縮・解凍ソフトを4つご紹介します。それぞれのソフトのおすすめポイントや、対応している拡張子を記載しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

解凍ソフトが必要になるケース

解凍とは

データのやりとりをする際に複数のファイルを同時に送ると、ファイルサイズが大きくなってしまいます。

その場合、複数のファイルを一つにまとめるてファイルの圧縮を行います。そしてデータを受け取った側は、圧縮ファイルを元の状態に戻すために、解凍を行います。

ファイルを圧縮する際によく使用される形式は「ZIP形式(.zip)」です。Macでも標準環境でZIP形式のファイルを圧縮したり、解凍したりできます。

MacにおけるZIP形式圧縮と解凍

例えば、3つの画像をZIPファイルにまとめて圧縮するには、下記のように、圧縮したいファイルを選択後右クリックし、「3項目を圧縮」を選択します。

すると、ZIP形式の圧縮ファイルが作られます。

Macでは、上記のようなZIP型式の圧縮ファイルをダブルクリックすると、下記の通り解凍が行われます。

解凍ソフトが必要になるタイミング

Macが標準でZIP形式の圧縮・解凍に対応しているにも関わらず、解凍ソフトが必要になるタイミングがあります。

  • ZIP形式以外の圧縮ファイルを作成したり、解凍したりする必要があるとき (例えば、「.Izh」や「.tar」などの拡張子の場合)
  • ZIP形式にパスワードを付けて作成しなければならないとき

Macの標準機能では、ZIP形式以外の形式でファイルを圧縮したり、解凍したりすることができません。

また、MacでZIP形式のファイルにパスワードを付けようとすると手間がかかります。

そこで、圧縮・解凍ソフトを使用することで、簡単に他の形式でも圧縮や解凍が可能になったり、簡単にZIP形式のファイルにパスワードをつけたりすることができます。

もっさん

その他にmacOS Catalinaのバグでzipファイルが解凍できない不具合があります。対処方法などは下記記事を御覧ください。
Macでzipファイルが解凍できない時の対処方法macOS Catalinaでzipファイルが開けない原因と対処方法

Macのおすすめフリー圧縮・解凍ソフト4選

Mac対応の圧縮・解凍ソフトは、Windowsに比べると数が少ないのが難点ですが、これからご紹介する4つのツールは優秀で多くの人が使っている圧縮・解凍ソフトです。

The Unarchiver

The Unarchiver」は、解凍専用のソフトです。

おすすめポイント
  • Windowsから送られきた圧縮ファイルを解凍して、文字化けも解消
  • ほとんどどの拡張子でも解凍できる、対応型式が比較的多い
  • 設定の画面で解凍先の指定やファイル名を解凍する際のエンコーディングも設定できるので、文字化けしなくなる
zip/z01、rar/r00/r01/r02/r03…、7z、lha/lzh、zipx、sit/sitx/1、hqx、 bin/macbin、as、gz/gzip、tgz/tar-gz、bz2/bzip2/bz、tbz2/tbz、xz、txz、 tar、iso、cbi、nrg、mdf、gtar、z、taz/tar-z、lzma、xar、xip、ace、arj、 arc/pak/spk、zoo、lbr/lqr/lzr、pma、cab、rpm、deb、alz、dd、cpt、pit、 now、sea、exe、msi、cpio、cpgz、pax、ha、adf、dms、f、lzx、dcs、pkd、xms、 zom、pp、nsa、sar

ZIPANG

ZIPANG」は圧縮・解凍に対応したzipだけに特化したソフトです。

おすすめポイント
  • 圧縮も解凍もできる
  • WindowsとMacの間でZIPファイルをやりとりする際に、お互いの環境で文字化けしないよう、ZIPファイルを圧縮、解凍する機能がある
  • パスワード付きのZIPファイルが簡単に作れる
zip

StuffIt Expander 16

StuffIt Expander 16」は圧縮・解凍に対応したソフトです。

おすすめポイント
  • 圧縮も解凍もできる
  • パスワード付きの圧縮ファイルの解凍が可能
  • アプリを起動して、圧縮ファイルをソフトのウィンドウにドラッグ&ドロップするだけで解凍完了
  • 圧縮ファイルを解凍した後にゴミ箱へ自動で移動する設定が可能→「環境設定」で設定
zip、sitx、sit、sea、exe、rar、7z、tar、tar.gz、tbz、tar.bz、tbz、tar.bz2、tbz2、tar.Z、tz、 tar.Izma、tIzma、cpt、sea、cab、Iha、Izh、arj、arc、cbz

Bandizip

Bandizip」はUTF-8サポートの文字化けしにくい圧縮・解凍ソフトです。ただし、有料の圧縮・解凍ソフトなので注意。

おすすめポイント
  • 文字コードのUTF-8をサポートしているため圧縮、解凍した後に文字化けしにくい
  • 5種類の圧縮に対応し、パスワードを付けたり、分割圧縮も可能
  • 35種類の形式の解凍が可能

<圧縮形式>
zip、zipx、exe、tar、tgz

<解凍形式>
zip、zipx、rar、7z、alz、egg、cab、bh、001、arj、lha、lzh、pma、tar、gz、tgz、bz、 bz2、tbz、tbz2、xz、txz、lzma、tlz、z、jar、war、apk、ipa、xpi、iso、img、udf、wim、exe

まとめ

今回は、主にMacのおすすめの圧縮・解凍ソフトをご紹介しました。

それぞれの圧縮・解凍ソフトに特徴があるため、次のことを確認してインストールしましょう。

  • 自分の圧縮・解凍したい形式に対応しているのか
  • 圧縮ファイルにパスワードを付けるのか

Macの標準プログラムではやや機能面が貧弱なので、解凍ソフトは別途導入したほうがいいかもしれません。