iPhone SE(第2世代)の特集記事はこちらです

Macの矢印「マウスカーソル」が消える原因と対処方法

Macを使っていて、矢印ポインタの「マウスカーソル」が消えて困った経験はないでしょうか。

Macでマウスカーソルが消える原因はいくつかあります。今回の記事では、なぜマウスカーソルが消えてしまうのか、そして原因への対処方法について詳しくご紹介していきます。

文字入力を行っている

これはMacの仕様となりますが、文字入力を行っている最中はマウスカーソルが画面上から消えます。文字入力が終わった後もマウスを動かさないでいると、ずっと矢印ポインタが消えた状態を維持し続けます。

文字入力を終了し、マウスを動かす

これに対する対処方法は極めて簡単。

文字入力が終わったら、マウスを動かしてみてください。そうすると、矢印ポインタが消えた場所で再度マウスカーソルが表示されるようになります。

macOSのバグ

macOSはメジャーアップデートの直後はバグが多々あり、それが原因でマウスカーソルが非表示になっていることがあります。現時点で私が確認できたのは、下記2つのmacOSリリース後にマウスカーソルが消えてしまう不具合でした。

  • High Sierra
  • Mojave

macOS特有のバグへの対処方法をいくつか見つけたのでご紹介します。

システム環境設定でカーソルの大きさを変更

マウスカーソルは見えなくなっただけで動いてはいます。そこで一時的な対処方法として「カーソルの大きさを変更」する手法があります。カーソルの大きさを変更しただけで、マウスカーソルが表示されるようになったという報告もいくつかあります。

Macのメニューバーから「システム環境設定」を開き、「アクセシビリティ」をクリック。

サイドバーから「ディスプレイ」を選択後、カーソルタブを開きます。そして、カーソルサイズを「通常」から変更してください。

変更する大きさはどれでも大丈夫です。

この対処方法は、外部ディスプレイを用いている人に有効な手段で、マウスカーソルの大きさを変更して問題を解決できた人が結構いました。

Google Chromeのバグ

Google Chromeをアップデートしたことで、ハードウェアアクセラレーションに問題が生じている可能性があります。

ハードウェアアクセラレーションは、画像処理などをCPUではなくGPU等のハードウェアを使って高速化を図るシステムとなっています。こちらが自動的にonnとなっており、もしかしたらマウスカーソルがGoogle Chromeを使っている時だけ消えている可能性も。

ハードウェアアクセラレーションを無効にする

Google Chromeの「設定」から、さらに「詳細設定」を開きます。

システムの箇所に「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」とトグルボタンが表示されるので、これをオフにしてください。

再起動ボタンが出てくるので押しましょう。これで、Google Chromeが勝手に再起動され、ハードウェアアクセラレーションの設定が反映されました。

もっさん

Google Chromeアプリだけでマウスカーソルが見えない時は、この方法をお試しください。

その他の対処方法

今回紹介してきた原因と対処方法の他に、下記を試したことでマウスカーソルが表示されるようになった人もいました。

  • マウスをシェイクする
  • 「⌘ + tab」でアプリを切り替える
  • アプリを再起動する
  • Macの再起動
  • macOSのクリーンインストール

macOSのクリーンインストールは最終手段となります。ですので、上から順番に試してもらえたら幸いです。