iPhone SE(第2世代)の特集記事はこちらです

【比較】新型iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の決定的な4つの違い

2020年4月16日に、AppleがiPhone SEの第2世代目を発売すると発表しました。Apple Storeでは2020年4月17日21時からの予約開始となっており、発送が4月24日とスピーディーな日程。

数年ぶりの格安iPhoneの登場ということで、ネット上で注目の的を浴びましたが果たして本当に購入する価値はあるのかと、同時に疑問を抱いた人も少なくないと思います。なぜなら、新型iPhone SEはiPhone 8と何も変わらないのではと懸念されているからです。

そこでこの記事では、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8を比較して違いはどこにあるのかをご紹介。iPhone SE(第2世代)の購入を検討している人の参考になれば幸いです。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8の違い

見た目は全く一緒でサイズ感も同じ2つの機種ですが、iPhone SE(第2世代)とiPhone 8は、大きく下記の点で違いがあります。

  • チップセット
  • カメラ性能
  • フロントデザイン
  • 販売価格

それぞれの項目をもっと掘り下げて比較していきます。

チップセットがA13 Bionicに大幅進化

iPhone SE(第2世代)ではチップセットがiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicが搭載されました。正直5万円を切るスマホにA13 Bionicを搭載するのは太っ腹と言っても過言じゃないかなと感じます。

iPhone 8で搭載されていたチップセットは、A11 Bionicだったので、iPhone SE(第2世代)はそこから2世代上ということになります。スマホやチップセットの技術向上速度は凄まじく早いので、2世代も違っていたら全くの別物。

ベンチマークスコアを見ても、その差は歴然です。

GeekBench 5

A11 BionicとA13 Bionicでは、Multi-Coreでの1.5倍以上の差がついています。

マルチコアのスコアが高ければ高いほど、並列処理の速度が速くなり複数の作業を同時並行して行う時に有利になります。ただ、iPhoneではマルチタスクすることが少ないので、どちらかと言えばシングルコアスコアの方が重要。

しかしシングルコアのスコアを見ても、約1.5倍くらいの差がついており、このスコア差はゲームや動画の処理などに影響してきます。当然ですが、A13 Bionicの方が重いゲームもヌルサクで動きます。

チップセットの向上によりカメラ性能がアップ

iPhone SE(第2世代)でチップセットがA13 Bionicになったことから、カメラ性能もそれに伴って向上しています。

iPhone SE(第2世代)では、iPhone 8に搭載されていなかった、動画のステレオ録音や拡張ダイナミックレンジ、QuickTakeビデオ、ボケ効果や深度コントロールが使えるポートレードモードでの撮影が可能です。

ただし、カメラレンズが1個であるため、完全にiPhone 11シリーズと同じような性能は出せません。iPhone 11では超広角カメラや望遠カメラが使えましたが、iPhone SE(第2世代)では1つの広角カメラのみが使えるようになっています。

もっさん

他にも細かいところでカメラ性能が向上していますが、我々が使っていく上ではあまり気にする部分ではないのでスルーします。

フロントデザインが黒色統一

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8では、デザイン面が同じように見えます。しかしよく見ると、iPhone SE(第2世代)ではフロントデザインが黒色に統一されているのがわかりました。

一方のiPhone 8は、ブラックカラーのみがフロントが黒色になっていて、シルバーやゴールドはフロントカラーが白色になっています。

正直な感想を言ってしまうと、iPhone SE(第2世代)のホワイトはフロントが白色の方が見た目的には好きです。価格を安くするため、全部の色を統一してコストカットを図ったのかもしれませんね。ちなみに残りのブラックやレッドカラーはフロントが黒色でもカッコいい感じはします。

もっさん

あと何気に今回は、最初からPRODUCT REDカラーは販売されるんですね。

ついに5万円を切った

iPhone SE(第2世代)を購入したいと考えている人の多くが魅力的だと感じているのが、おそらく販売価格だと思います。

iPhone SE(第2世代)は、久しぶりに5万円を切ったiPhoneで、64GBが44,800円、128GBで49,800円、256GBで60,800円となっています。iPhone 8は、一度値段が下げられた上で64GBが52,800円、128GBが57,800円なので、iPhone SE(第2世代)の方が確実に安価であることがわかります。

5万円を切るiPhoneは実に4年ぶり。しかも4年前で5万円を切っていたのはiPhone SE(第1世代)でした。これからはiPhone SEをシリーズ化してAppleは低価格で販売していくかもしれませんね。ただ、頻繁に世代が更新されることはないと思います。今回と同じように、また4年後に5万円を切る第3世代のiPhone SEが登場すると推測しています。

もっさん

ちなみにiPhone SE(第2世代)の販売にともなり、iPhone 8は廃番となりました。Apple Storeを見てもページが削除されています。

iPhone SE(第2世代)がおすすめな人

iPhone SE(第2世代)は、こんな人におすすめの端末かと思います。

  • iPhone SE(第1世代)からの乗り換え
  • iPhone 8以前のバージョンを使っている人
  • 安い価格でiPhoneを持ちたい人
  • Felica機能が搭載されていないiPhoneを使っている人

iPhone X以上のバージョンを持っている人は、正直乗り換える必要はないかなと考えます。一番需要があるのは、iPhone SE(第1世代)をこれまでずっと使ってきた人でしょう。

ネットの情報を見ていても、第1世代から第2世代のiPhone SEに乗り換えたいと思っている人が多かったです。4インチの手のひらサイズiPhone SE(第2世代)を期待していた人はガッカリしているかもしれませんが、最近のスマホ業界は画面を大きくする傾向にあり、大多数のユーザーもそれを望んているので、仕方がない部分はあると思います。諦めましょう。

もっさん

もっさんは、iPhone SE(第1世代)のデザインで、4.7インチくらいのスマホを望んでいました。

iPhone SE(第2世代)とiPhone 8のスペックまとめ

最後にiPhone SE(第2世代)とiPhone 8のスペックをまとめました。

iPhone SE(第2世代) iPhone 8
カラー ブラック、ホワイト、(PROCDUCT)RED ゴールド、シルバー、スペースグレイ
画面サイズ 4.7インチ
ディスプレイ IPS液晶
解像度 1334 x 750
画面密度 326ppi
ストレージ容量 64GB, 128GB, 256GB 64GB, 128GB, 256GB
メモリ 3GB
バッテリー容量 1,821mAh
タッチ Haptic Touch 3D Touch/Haptic Touch
SoC A13 Bionic A11 Bionic
バックカメラ 1200万画素
F値 F1.8
光学式手ぶれ補正 あり
フロントカメラ 700万画素/F2.2
動画撮影 最大4K60fps
スローモーション撮影 最大FHD240fps
動画撮影中の
光学式手ぶれ補正
あり
防水防塵 IP67
Wi-Fi Wi-Fi 6 IEEE 802 11ac
生体認証 指紋認証のTouch ID
サイズ 高さ:138.4mm
幅:67.3mm
奥行:7.3mm
重さ 148g
価格 64GB:44,800円
128GB:49,800円
256GB:60,800円
64GB:52,800円
128GB:57,800円

もっさん

改めて見ると、共通点が多いですね。価格とチップセットの向上だけでもiPhone SE(第2世代)を購入する価値はあると思います。