iPhone SE(第2世代)の特集記事はこちらです

新型iPhone SE2で楽天モバイル(UN-LIMIT)を使う方法

2020年に発売された新型iPhone SE2では、キャリア参戦を目論む楽天モバイル(楽天UN-LIMIT)が使えるのかを検証してみました。

楽天モバイルは、2020年4月時点ではiPhone全般の動作確認がされておらず、楽天LINKなどの国内通話が無料になるアプリも全てAndroidのみ対応となっています。

iPhone SE2で楽天モバイルが使ってみた

iPhone SE2で楽天モバイルを使う方法について、動画にしてまとめたのが下記となります。

プロファイルのインストールは必要なし

SIMフリーのiPhone SE2を購入したので、格安SIMのようにプロファイルをインストールする必要があるのかと最初は思っていました。しかし、楽天モバイルのスタートアップガイドには、特にプロファイルをインストールしろとは書かれていませんでした。

なので、そのまま楽天モバイルのSIMカードをiPhone SE2に挿入して電源を入れました。すると、回線名が「Rakuten」となりました。

おそらく楽天モバイルのSIMカード自体は自動的に認識されていますが、アンテナが0本なので繋がらない可能性があります。そこで一度ブラウザからこのブログを検索してみたところ、やはりインターネット接続ができないとエラーメッセージが表示されました。

数分待つとネットに接続できた

その後少しだけ待って、もう一度ネット接続を確認したところ、今度は繋がりました。

ですが、依然としてアンテナは0本の状態。

そして、ネットには繋がりましたが通話が使えなかったので、アンテナが0本の原因と同時に原因を探ることに。

通話を使うには音声通話とデータを「LTE,VoLTEオン」に

電話が使えなかった理由は、音声通話とデータの設定が悪かったからでした。

「設定」→「モバイル通信」→「通話のオプション」→「音声通話とデータ」を順番に開き、「LTE,VoLTEオン」を選択すると、今度は通話ができるようになりました。

もっさん

初期設定では、「LTE,VoLTEオフ」となっていたので、これじゃ通話が使えるわけないですね。

通話が使えるようになると同時に、0本だったアンテナも3本、4本と立ち始めました。

スタートガイドの説明書には、「LTE,VoLTEオン」にしろとは一切書かれていません。おそらくAndroidで利用することを前提とした説明書なので、iPhoneに関してはノータッチなんだと思います。

そのため、iPhoneで楽天モバイルを使う場合は、公式サイトのヘルプを見ながら色々設定する必要があります。

auパートナー回線の通信速度

私の住んでいる場所は楽天の回線エリア外であるため、auのパートナー回線しか使えませんでした。5GBまで使えるのでそれはそれで問題ないですが、通信速度を測ってみると思ったより遅いなという印象を受けました。

お昼のピークタイム手前の11時22分頃で、ダウンロード速度が8.93Mbps、アップロード速度が12.2Mbps。そして最も気になったのが、Pingが48msと応答速度がかなり遅いことです。UQ WiMAXを思い出すようなPINGの遅さです。

このPingだと、リアルタイムの通信が発生するような荒野行動やPUBGなどのFPSはLTE通信では厳しいと思いました。とはいえ、通信量もバカにならないので、おそらく大抵の人はWi-Fiに繋いでプレイするとは思いますが。

キャリアとしても少し回線速度は遅いかなという印象。auのパートナー回線だから遅いのかもしれませんが、格安SIMよりも少し速い程度なのが気になりました。楽天のLTE回線だと速いらしいですが、どうなんでしょうね。

iPhone SE2でテザリングもできました

次の設定を行うことで、iPhone SE2でもテザリングができるようになります。

「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」と進み、インターネット共有のAPNに「rakuten.jp」と入力。

この設定を行った後にインターネット共有をオンにすると、テザリングでネットに繋がるようになります。

毎月5GBまで使えるので、これを機会にポケットWiFiを解約することにしました。そもそも使用頻度低いですし、テザリングができるのなら十分実用範囲。通信費の節約という意味でも、無料で1年間使えるのは嬉しい限りですね。

まとめ

iPhone SE2でも問題なく楽天モバイルが使えることを確認できました。

1年間無料で使えるので、色々と遊べますしサブ回線として持っておくのでしたら楽天モバイルは結構いい感じだと思ってます。メイン回線にするかどうかは、1年後楽天のLTE回線エリアがどこまで広がっているかになるでしょう。

その時に、まだ自分の住んでいる地域がauパートナー回線エリアにしか対応していなかったら、もしかしたら解約するかも。